令和元年度 研究テーマ

「できた・わかった」を実感しながら、コミュニケーションに挑み続ける児童・生徒を育てる指導を求めて

小中共通サブテーマ

五領域における学習到達目標を明らかにし、言語活動の中でその到達を実感させる指導・評価の在り方
【研究内容(小中共通)】
  1. 到達させたい具体的な姿のイメージ化
  2. 育成したい資質・能力から明らかにした目指す姿に迫る指導過程の在り方
  3. 目指す姿の到達を実感させる評価の在り方
【研究の土台とするもの】
小学校
  • 中学年用副教材「Let’s Try!」の指導計画
  • H30に開発した高学年用副教材「We    Can!」の評価シートの改訂
中学校
  • 岐阜県版学習到達目標
  • H28,H29,H30に開発した単元指導計画,単位時間展開案及びテスト
【部会編成】
  • Let’s Try! 伝え合う活動部会
  • We Can! 評価部会
  • Small Talk部会
  • Reading部会
  • 教科書題材に関わるInput部会
  • 板書部会
  • テスト部会
•小中連携部会
【機関誌Waysを活用した県内の先生方への発信の在り方】

自分の考えや気持ちを「伝え合う」活動を提案する。

過去2年間に作成した評価シートを実施し,検証していく。

過去3年間で作成した指導計画を活用した実践例を具体提示することで,日頃の授業に生かすことができるようにする。